泉鏡花!


いよいよというか、もう、なのか師走に入りました。
私の回りも忙しさの嵐に見舞われて振り回されっぱなし、気力体力充実させるためにも休養が欲しい~!

それでもやっぱりステージの準備はもちろんいつも通りに時間をかけないとできません。
あんまりこんなことばっかりバラしちゃうと言い訳じみますけどね、難しい本の時は緊張も増します。
一年前の『青銅の基督』の読みにくさはこれまで経験した中でも一番だったかも。冬になると難しい本を選びたがるのかな?
いや、内容というより文字通り、つかえずに読む難しさのことですよ。

で、今回は泉鏡花!
私が持っている数少ない岩波書店の函入り本、全集ではなく12巻の選集です。もう本棚に並んで20年だか30年やら…
このライブでも何度か取り上げようとしては諦め、時間ばかりが過ぎていきました。
今回、幻想的なお話に限って何作か読み返し、またまた諦めかけていたのですけど、あ♪全部を原文のままじゃなくてもよいのなら可能かも!と考え方変えたんですよ。
で、決めました。最少限の現代語への置き換え、言い直し、意訳。
もちろん原文をお届けしたいからこその冒険。
難しい、もはや現代語とは言えなくなってしまった鏡花を、しかも耳から聴くだけで味わってもらえるための、ひとつの提案とでもいいましょうか。

滑らかに、はっきりと読めなければその甘美で独特の世界観がお伝えできない!という不安。

こうして、浅くて狭い経験ながらも、作家とその作品に向き合うことが愉しくもあり貴重な時間の積み重ねになっています。

さて、では少し稽古に入りますか…

杉田由鷹
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

お問い合わせ
公演のご予約や、お問い合わせにご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

葉っぱ組 役者ライブ

Author:葉っぱ組 役者ライブ
葉っぱ組の役者の内、主に杉田由鷹、加藤マサミが書いています。

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR