ヘンゼルとグレーテル

5月のライブが明日となりました。みなさまお変わりありませんか。

明日は ちょっと肌寒いようですね、長袖の気温だそうで。

私は決めていた明日の衣装(というほどでもないのですけど)を、変えました。
若い子の役を読むので、元気よく爽やかに、半袖と膝下丈のズボンで行こうと思ってたんですけどね。寒そうだからやめまーす。

春は服装選びが難しいですね。

さて、私の方からは、グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』を、私なりに編集したうえで持ってゆきます。

グレーテルのかまどっていう番組があり、そこに出てくるお菓子作りの為だけの道具などを見るのも面白くて、何度か見たことがあるのですが、はて、グレーテルってどんな童話だったっけな、と思っていたのです。

そしたら、まー、(私の目線では)酷いお話しで、読みながらもそのえげつなさに動悸がしてしまいました。ことに、グレーテルが火のついた竈の中へ閉じ込められそうなピンチが来たときには、「竈に閉じ込められて出られなくなったから、竈がしゃべるっていうあの番組が出来たのかな、コワ~」などとも思ったぐらいです。
子供の頃に何度も読んだはずなのですが、詳細や結末はほとんど覚えてないもんなんですかね。お菓子の家が出てきたことぐらいですね、覚えていたのは。

帰り道が分からなくならないように、道に目印を落として行くっていうのは、この童話の中にあったんですねぇ。


読んだあとに、心に灯がともるような温かいお話しを葉っぱ組でやるのが私の本選びの基準なので、ヘンゼルとグレーテルはやれないなぁと、その時は候補から外したのですが、
ちょっといじらせて貰って、酷い場面を削るか、削らずにやんわりさせるか、はたまた視点を変えて解釈が変わるようにしてみたらいけるかな、などと、通勤中とかに少しずつ考えていて、なかなか頭から離れなかったので、やっぱりやることにしました。

さて、どの程度の残酷な話しにまとまりましたやら。
もし明日ご来場頂けましたら、嬉しく思います。
いつもの新高円寺駅近、STAXFRADにて、19:30スタートです。
お待ちしています。

masami.k
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Aki

Author:Aki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
このブログの管理人へメール送信できます

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR