季節は巡りまたやり直せる気がして

子供の頃となにが違うんだろう
セミが鳴き、お日さまは目一杯照りつけ、さあ好きなだけ遊びなさいと語りかけてくれているようで
それなのに、やれ疲れたの暑くて外に出られないだの、時をやり過ごして季節を一つまた終えてしまう
もう何度も繰り返してきた、待ち遠しさと、遊びきれなかった思い
夏は、去っていくものなんですね
こんなこと繰り返しながら、生き物の一生は、重なり終わっていくのでしょうか
いくら歳を重ねても子どもとなにも変わらない、ただ体は確実に子どものようには動かなくなっている現実


余裕とか達観とかを経験できないまま、ペダルを踏むのをやめてしまったら坂道を転げ落ちるしかない自転車のような我が身と、これからうまくやっていけるのかな、無理はするなと自制するよりは、やれることが限れていくなら、仕方なくやっていくことより、どうしてもやりたいことから優先してみたいなと思う今日この頃

夜勤明けに寝るのを惜しんでタイムサービスの生ビール一杯90円をいただいている今この瞬間、後悔はない!
そんな小さなわがままを積み重ねて、私という困った人がいるわけなんだなあ、うん、妙に納得

葉っぱ組役者ライブの場に立つための、ささやかな、でも正直な立ち位置をいま、どろどろの眠けの海を泳ぎながらさまよっています 彷徨

夏の終わりに~2013

タイトルだけでも、どうか、届きますように

詳細は、葉っぱ組ホームページでご確認ください。
あ、公式にまだ詳細をあげていないんでした、反省

船長はセンチよ~
いまどき、オセンチなんて死語を使うとは
死語でも使いたい場面があるんですよ、はい

杉田由鷹
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

お問い合わせ
公演のご予約や、お問い合わせにご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

葉っぱ組 役者ライブ

Author:葉っぱ組 役者ライブ
葉っぱ組の役者の内、主に杉田由鷹、加藤マサミが書いています。

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR